Auntie Kの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんのひとり言です。

当たり前の事

こんにちわ☆

先週末はモントリオールで今年最高の雨量だったと思います。

スッゴイ台風かと思うくらいの風と打ち付ける様な雨。

愛犬のGUCCIも雷が嫌いで、一日中夫くんかあたしの側にべったりくっついていましたw。

さてさて、今日こんな記事を何気なく読んでいたんです。

 ※元の記事が無くなっていたので別のに変えました。

www.tokyo-sports.co.jp

実は、この芸能人アテシはよく知らないんですが記事の最後、彼の3カ条を提言したとかで紹介されていたんです。

(1) 全ての人に感謝。

『10年間遊んで学びました。今は感謝、謙虚、作り笑いです。』

(2) いつ辞めても良い覚悟で仕事をしよう

(3) もっと遊ぼう!

『遊ぶために仕事をすると切り替えて。そうすれば仕事も楽しい。』

読んで、これってどんな仕事でもある立場まで来た人たち全員に言える事ではないかしらって思って。

傲慢な態度を取る様な上司は誰のついて来ないだろうし、いつも感謝や謙虚さを忘れていない上司で、しかも作り笑いの出来る上司だったら、逆にもっと頑張って上司が作り笑いじゃない本当の笑いが出る様にってあたしだったら思っちゃうな、きっと。

いつ辞めても良い覚悟で仕事をしている人って、どんなに大変な場面に出くわしても自分の信念やチームメンバーに正直にいれる人ですよね、きっと。権力や圧力に惑わされないで、『正しい』『恥ずかしくない』対応をしてくれるって期待・信頼出来そうじゃない? 

アテシが今まで見て来た中で、自分も含めてだけど、プライベートでもしっかり遊べて幸せな時って、仕事でもやっぱり顔色や体調も良くって、頑張れる気がするのは気のせいかしら。何の為に仕事をしているかなんて正直個人差あるし、でもみんな究極の共通点ってきっとプライベートを出来るだけ充実させたい事では無いかと思うんだけど。それが、家族でも恋愛でも趣味でも何であっても。その為に、仕事をしてお金を稼いでって頑張っている訳だしね。

芸能人って遠く離れた世界の人だって思っていたけど、悩むところは同じなんだなぁ~なんてちょっと親近感感じちゃった。

今すごいホットなマツコ・デラックスも色んなインタビューで同じ様な事を言っていたのも思い出しちゃった。やっぱり、人間もう少し大きくならなきゃなぁ~ってそう思ったのでした。