Auntie Kの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんのひとり言です。

With a loud voice [Con la vow bien alta]

こんにちわ⭐︎

今週末は、朝夕氷点下の気温になるって本当みたい。。。え

 

FullSizeRender.jpg

ちょっと前の事になりますが、FBのフィードで見たゆうつべのビデオをちょっとご紹介しようと思いますキラキラ

 

ビデオの簡単な内容

スペイン語が全く話せない男性2名のアメリカ人旅行者。<
到着したスペインの街角で、予約したホステルへの道を通りがかるローカルの人たちに尋る事に。
予約したホステルのオーナーが、ホステルまでの道順をスペイン語で書いて来たので路頭に迷っている旅行者。
始めは快く引き受けるスペイン人。
旅行者たちが手渡した紙を読むにつれて血相を変え、具合悪そうにするローカルの人達。
訳す事すら躊躇し、別のホテルへ行く事を勧める人達。何が書いているのか教えてくれとせっつくアメリカ人旅行者。
紙に書いてあったその内容とは。。。
。。。予約は受けるが、ホステル内で手をつないだりキスしたりスキンシップを取ったりすれば、身の安心に保証は無い。。。

完全に同性愛者への脅し
これを読んで明らかに動乱し、旅行者の安全を心配するローカルの人達は口を揃えて、それを持って警察へ通報する様に促す。
そして他のホテルへ行く様にと。

 

このビデオは、スペインのゲイ、レズビアントランスジェンダーバイセクシャルの団体が作成したビデオだったんですけど、制作目的は、セクシャルマイノリティーだからといって、どんな暴力の被害にでも遭遇した時は、直ぐに、警察へ通報しよう!というもの。
旅行者やホステルなどのセットアップは偽装でしたが、通りがかりの人達のリアクションは全て本物だそうです。

どうです?
人によって色々と思う事があると思いますが。。。
でも良かった。スペイン人のイメージが悪くならなくって⭐︎きゃー