Auntie Kの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんのひとり言です。

ゲイバッシング。そしてその後。After Rain Comes Sunshine (雨降って地固まる)

 

ちょっと古いニュースですが、先週末にゲイカップルが暴行され負傷した事件がオランダでありました。

 

カップルは手を繋いでたと言うだけで、男6〜8人に暴行されたそうです。

カップルの一人は歯が4本も折れ、もう一人は胸、背中、足に負傷を受けたそうです。

 

そしてこの事件が報道されると、マルク・ルッテ首相を始めとして国民が怒りを露わにするほどに発展しました。

 

週末明けの月曜日には、2001年に世界で最初に同性婚を認めたオランダで起こった悪質な事件に抗議し、政治家が同僚と手を繋いで国会に参加したんです。

 

その写真はソーシャルメディアでも#allemannenhandinhandとして炎上。

国内で拡散され一般の男性たちにも広まって行ったそうです。

 

警察は、16歳青年3人と14歳2人、そして20歳の男性をこの事件の容疑者として逮捕しました。

 

ゲイやレズビアンの人たちへの暴行事件が未だに無くならないのは本当に残念です。

 

写真が沢山載っています。記事是非読んでみてください。