Auntie Kの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんのひとり言です。

只今、自己嫌悪中です。

ハリケーンヴァレリーも過ぎ去りました。

随分と痕を残してですが…

 

2017.06.17(土)14:30

予約していたホテルに到着。

hotelstpaul.com

バレーパーキングで、カッコイイ若い兄ちゃんたちは、ヴァレリーの胸を見てすぐにお手伝いモードON!

荷物持ちに車の駐車にいたせりつくせりでした。

部屋はこんな感じ。

f:id:auntie_K:20170620000009p:plain

 

f:id:auntie_K:20170619235957p:plain

 

f:id:auntie_K:20170620000005p:plain

 

f:id:auntie_K:20170620000008p:plain

 

2017.06.17(土)15:00

夕飯はホテル内にあるレストランで18:30に予約をしていたので、余った時間は旧市街地を探索しようとお出かけです。

Place Jacques-Cartierまで歩いて来たのでちょっとお座りして軽い食事に冷えたプロセッコ(Prosecco)でも。

f:id:auntie_K:20170619235946p:plain

 

f:id:auntie_K:20170619235948p:plain

 

f:id:auntie_K:20170619235942p:plain

 

f:id:auntie_K:20170619235943p:plain

 

やっぱり、ポテトフライは必須アイテムですね。

マグロのタルタルとオイスターも頼みました。

この時点でプロセッコを2本空けたのが間違いの始まりですよね…

 

2017.06.17(土)19:00

お友達が到着し始めました。

もちろん、レストランでワインを飲むと高いから部屋で飲み始めて酔っ払って食事に行くのが目的…

(って、かこの目的自体間違っているよねぇ爆)

ココで、プロセッコが更に1本空き、ワインが2本空きました。

でも総勢9人だから、そう考えるとそこまでの量ではないと…

 

2017.06.17(土)18:30

レストラン着。

この時点では私記憶が飛び始めています。

レストランはモダンで心地よい環境。

みんな楽しんでいた記憶はあります。

こんな料理を食べたそうです。

f:id:auntie_K:20170620001834p:plain

 

f:id:auntie_K:20170620001840p:plain

 

f:id:auntie_K:20170620001841p:plain

 

f:id:auntie_K:20170620001845p:plain

 

f:id:auntie_K:20170620001846p:plain

私は、食べなかったそうです。

f:id:auntie_K:20170620001833p:plain

携帯にこんな写真も撮っていた様ですが記憶にありません。

でも、記憶にあるのは、何かが原因でトイレで泣き始めてしまったんですよ。私。

ちょうどそのタイミングで、日本にいる親友からメッセージが届いて。

テキストを返そうとしているけど、涙で画面が見えないから電話をかけてしまったんです、私ったら。

声を聞いた瞬間号泣する私。

超面倒なおかま丸出しで。

何だろう、周りも気にならなくなっちゃって。

とにかく号泣して泣き叫んでいたのは覚えてる。

色んなお友達が話に来てくれたのも覚えているけど、友達と話しているって追っ払った気がする。

気がついたらベッドで寝ていました。

自分でも何が起こったのかさっぱりわからなくって。

翌日夫くんは二日酔いで吐いて吐いて死身状態。

ヴァレリーに話を聞いたけど、彼女も記憶がない状態で気がついたらベッドに寝ていたそう。

(本当に記憶がないのかは不明だが…)

 

f:id:auntie_K:20170620000015p:plain

今年もやってくれました。ハリケーンヴァレリー

お酒に飲まれる事は少ないけど、今回は完敗。

2017.06.18(日)13:00

お友達に謝罪のメールを送信。

 

只今、自己嫌悪中です。