Auntie Kの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんの備忘録です。

新しい家族の形

ボンジュール♬

今日は、朝の-4℃が最高気温でここから最低-18℃まで落ちる日です。土曜日には最低気温は-22℃まで落ちるらしい。。。体感温度はどれくらいまで落ちるとかいな。。。既に怯えております。

 

つい先日こんなツイートを読みました。

 

日本でもやっとこう言った話が議論される様になったんだなって感じです。
北米でもまだこの議論は続いていますし、こうやってずっと議論は続いていくんだと思います。
それは決して悪いことじゃないと自分は信じたいです。

 

そんなことを考えながら思い出したのが次の記事です。

www.danro.bar

この記事を読んだ時も、日本も随分と進んで来たなって感じました。

家族の形って何だろう。アメリカで一人で生活を初めてしばらく経った頃考えた時期がありました。

当時はまだカミングアウトもしていない隠れゲイの頃で、教会に通いながら沢山の人と色んな話をし勉強していた頃です。
(母親がクリスチャンだったので幼児期から教会には日本でも行っていました。)

自分がゲイである事に悩んでいた時に、通っていた教会のPastor(牧師さん)に相談したんです。その時の回答に本当に救われました。

Pastorはこう言ってくれました。

君が信じる神を信じなさい。彼のイメージで君がここにいるんだから。家族も作れず一人になるのが怖い?君の周りを今見て見なさい。こんなに沢山の人たちが君の周りにいるじゃないか。何かあればここにいる人たちはみんな君を助けに来るはず。何故かって、君が僕たちの家族だから。君がどんな恋愛をしようと、その対象が誰であろうと、それを咎められる人はこの世に誰一人いない。それが出来るのは神だけ。だから、君が信じる神を信じなさい。そして君がこれから作る友を家族と思って接しなさい。

もちろん英語でしたし、一語一句を覚えている訳じゃないので若干意訳ですが、こんな感じの話でした。

そのお陰で随分と気が楽になったのを覚えています。今でもこの当時にお世話になった男性は”アメリカの兄”と慕っています。彼は、こんなに距離も離れ、時間が経った今でも実弟同様にいつも気にかけてくれ連絡をくれます。

家族の定義って一体何でしょうね?

血縁だけが家族でしょうか?

自分にとっての家族は、かけ甲斐のない絆で結ばれた集まり。その絆が、友情であれ、愛情であれ、どんな形であれ。大切な人。その人たちの集まりが自分にとっての家族です。

柄に合わず真面目なブログになってしまった。。。汗



最後にちょっと笑いましょ。アテシのソックス!

f:id:auntie_K:20190110231138j:plain

ガハハハハハハハハ










<!-- admax -->

<script src="//adm.shinobi.jp/s/01fc5254b2ea5c4728d01d96b39ffe34"></script>

<!-- admax -->