Auntie Kの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんのひとり言です。

カナダ政府が新しい食事指針を発表しました。

こんにちは。

今朝、カナダ政府が新しい食事指針を発表したってニュースが目に入って来ました。

こんな記事です。
www.cbc.ca


内容は、4つの基礎食品から食事をする今までのガイドラインに変わって、カナダでは、「何を定期的に食べて、何を避けて、自宅での料理の重要さ」の3つをガイドラインとして勧めるとの事。

まず最初のガイドライン。「何を定期的に食べるか」について。

基礎食品と摂取量を強調した従来のガイドラインとは卒業して、新しいガイドラインでカナダ保健省は「沢山の野菜と果物、全粒穀物食品、植物性プロテイン」の摂取を勧めています。また、摂取量ではなく比率に注目し、果物と野菜はお皿の半分くらいが好ましいと言っています。

こんな感じ。
f:id:macboimtl:20190123033609j:plain


そして次のガイドラインは、健康を妨げるので「避けるべき飲食品」について。

特に、多くの糖分を含む飲料水(果汁100%の果物ジュースも)は、幼児が虫歯になりやすい原因としてこのガイドラインでは発表しています。糖分が添加さられた食品や飲料の摂取は、体重増加や過剰体重、さらには2型糖尿病のリスク増加とも関連付けされているそうです。もちろん、このガイドラインはアルコールの摂取も健康に害するリスクがある事を記しています。

最後のガイドラインは、「フードスキル (食べ物スキル)」について。

こんな感じです。

  • Be mindful of your eating habits. (食生活に気を付ける)
  • Cook more often. (もっと頻繁に料理をする)
  • Enjoy your food. (食事を楽しむ)
  • Eat meals with others. (人と食事をする)
  • Use food labels. (食品表示を利用する)
  • Limit foods high in sodium, sugars or saturated fat. (ナトリウム、砂糖、飽和脂肪の多い食品を制限する)
  • Be aware of food marketing. (食品マーケティングに注意する)


ブラジル政府の食事指針にアドバイスをしたモントリオール大学のムバラク教授は、「(今回のガイドラインは)栄養素と食物だけではなく、本当にもっと包括的なアプローチを採用している」と評価しています。


おまけに、新しいガイドには、レシピなどのリソースで継続的に更新されるモバイル向けのバージョンが含まれているんだそうですよ。


Canada's food guide


実際に、サイトを調べてみたら本当にありました!
f:id:macboimtl:20190123040526p:plain



これは、アテシも使えそうです。

考えると一般常識みたいだけど、ウチらの生活を考えても仕事終わって運動した後はどうしても帰って料理して洗い物してって考えるだけで億劫になり外食が多えてしまう傾向だし、沢山の人たちが集まるってなるとなんでだろう自分たちで料理していますよねwww。

料理と洗い物を億劫に思わない!

アテシはどうもそこが出発点のようです(笑)