Auntie Kの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんの備忘録です。

自分の性格を押し付けちゃダメですよね。

ボンジュール☆

以前アメブロを利用していた時から愛読しているブロガーさんの最近のエントリーに大共感しちゃったのでご紹介します。
ameblo.jp


北米に住んでいて、時間の「概念」って言うのか「感覚」って言うのかは日本で育ったアテシとは随分と違うと実感する時が30年経った今でも多々あります。

公共機関が時間に曖昧なのは慣れてきたところはあります。汽車が到着時刻の数分前に着いて出発してしまっていてもムカつきますがそれは汽車にではなくこうなる事を予測して行動しなかった自分にムカついてしまいます。*1

でも、人との約束の時間に対するルーズさは未だにアテシは慣れません。これはアテシの性格なんだろうと最近思っています。

友人との約束で特に団体での場合は、予定時間の5分前には集合場所に到着している状態が当たり前だとアテシは思っているせいでか、何かが原因で遅刻をしそうな場合は、出来るだけ早く判断して電話をかけて遅れる旨連絡をします。

これはウチの夫くんも同じです。彼は、職業柄、無言で予約を守らないお客を見ているので自分は絶対にそうはなりたくない。そうなってはいけないと、自分から必ず約束の時間は守ろうとします。

自分の時間も大切だけど、それ以上に相手の時間も大切だって夫くんもどうしています。これは友人関係でも守るべきマナーだとまで言っているくらいです。

逆に言うと彼がそれだけ予約の時間を守らないお客さんに悩まされている証拠なんだと思います。

ウチらも同じ様に緩く対応出来ればイイんですが出来ないのはやっぱりそう言う性格なんだと。ウチらの性格のせいなら、相手を責めるのはやめて、ウチらが諦めましょって最近は悟りきっていますw。

*1:GPS技術が発達していますので最近はそこまで大きなズレは無く、携帯のアプリで自分の乗りたい汽車が駅からどれくらいの位置に来ているのかも確認出来るので今日現在この形でのイライラはないです。