Auntie Kの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんの備忘録です。

バケーションに来ています。(ドミニカ共和国) Part 3

ボンジュール☆

今日も日焼けに熱心です。焼け過ぎて肩の肌がヒリヒリ痛いです。

前回までは悪い経験の話でしたが、今回は楽しい話をしたいと思います。

一番は何よりもこの日差しですね。
何だろう。ビタミンDを作ってくれています!みたいな? ハッピーエナジーをチャージングしています!そんな感じです。今までも沢山カリビアンの島々に旅行に行ったんですけど、こんなに日向ぼっこをした場所は無かったです。この時期だから余計に良かったのかも知れませんね。本当に、良い塩梅の潮風と日差し。ちょっと暑くなったらプールにジャボーン。痛いくらいの日差しの合間に絶妙なタイミングで来る潮風。日向ぼっこには最高な塩梅です。お陰様でビタミンDをたっぷりと補給しています。

二番目はプールと海。ビーチはマジで残念点ですが、カリブ海は綺麗ですよね。ターコイズ色の海を海岸から見ているだけでも心が洗われます。波の音を聞きながらうたた寝。雪と睨めっこだったウチらにとってこんなラグジャリーは無いですよ。プールも色々とあるんです。一番気に入ったのは「レイジーリバー」。浮き具に乗ってゆっくりと流れる水に身を任せるんです。アテシは浮き具には乗らず歩きましたが楽しかったですよ。画像が沢山あるんですがどこかでアップしますね。



三番目はお酒。オールインクルーシブですからね。ある程度のお酒も含まれています。手にバンドをはめるんですがその色で何を無料で頼めるか決まっています。ウチらは下の下ですが、それでも全然大丈夫!いつも飲んでいるお酒が十分無料で楽しめています。ウチらのお酒は「アペロールスプリッツ。これはアペロールとシャンパン(プロセコ)のドリンク。美味しいんですよぉ〜。
www.aperol.com
アペロールはイタリアのお酒なので、シャンパンもイタリアのプロセコを使うのが一般的ですが、さすがそれは無理なのでスパニッシュのシャンパン(カヴァ)で代用。プールサイドで、日向ぼっこしながらアペロールスプリッツを呑んでいます。

四番目は旅先での新しい出会い。外交的な夫くんのお陰ですねこれは。アテシ独りだったらこんな出会いは夢にもありませんでした。本当に沢山の人たちに出会いました。ドイツから来たカップル。このリゾートで婚約したんです。偶然夕食で隣に座っただけなんですが、意気投合しちゃって。お店が閉まるまで飲んで話して、それでも物足りずにロビーのバーで飲んで、それでも足りずにディスコに行って飲んで踊って。翌日はさすがに夫くんもダウン。相手の彼女もダウンだったそうです。その他にも夫くんの実家がある街から来ている女性2人。中年の方と20代前半の女性で30年以上のご近所付き合いでこの旅行に一緒に来ているそうです。すごく良い人たちでほとんど一緒に行動しています(笑)。夫くんの声の大きさのせいかしらね。夕食で隣に座る人たちと必ず親しくなっちゃって。アテシはしどろもどろですよ。兎に角、笑顔を作って笑っています。
f:id:macboimtl:20190322114542j:plain


最後に食事。食事の味は冗談抜きで美味しいです。ハウスワインは飲めたもんじゃ無いんでいつも別メニューから買っています。サービスは本当に悪いんですが、夫くんもアテシも朝食、夕食、スナックバーと食べ物関して文句言うことは一切余りありません。
f:id:macboimtl:20190322115125j:plain
こんなデッカいパエリア見たことないですよね!味も抜群でおかわりしまくり。もうこれじゃ太ってしまうー。

5星ホテルで売りに出している分、ディテールに欠け過ぎて不満タラタラなのは事実ですが、こうやって楽しんでもいます。残念なのは他のリゾートでもこれくらいの楽しみは経験出来る事実ですかねー。

次回は、今回のバケーションで更にとんでもない経験をさせてもらったある出来事について書きたいと思います。