Auntie Kの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんのひとり言です。

アテシのオススメするゲイ映画5本

ボンジュール☆

今まで沢山の映画を見ましたが本当にアテシの好みって偏っていてゲイを主題にした映画だったりゲイのキャラクターがある映画ばかりを見ています。
そんなアテシが選んだオススメの映画5本がどんな映画なのかアテシの感想と一緒にちょっとご紹介したいと思います。

5. Beautiful Thing (とても素敵なこと-初恋のフェリーテール)

youtu.be
1996年制作。イギリスからの作品。
1997年第6回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭にて上映されたそうです。
あらすじ
ロンドンの南東に位置するテムズミードを舞台に繰り広げられるティーンネイジャー2人の物語。
テムズミートは労働者階級が沢山住むラフだけど人情ある地域。
そんな環境で自分がゲイである事を隠しながらクラスメートで近所に住むスティーに片想いするジェイミー。
相反してスティーは、麻薬を売り金を稼ぐチンピラな兄に加え暴力的で虐待的な父親の元で怯えながらの生活。
ある日父親に暴行を受けジェイミーの家に身を隠す事になったスティー。そしてベッドをシェアする事になる2人。
こうして二人の運命の歯車は動き出した。
アテシの感想
バックグラウンドのミュージックは全て「Mama Cass」。
彼女の歌声と歌詞が微妙に繰り広げられるストーリーにマッチして見る人の心に響いて来るんです。
特にMama Cassが歌う「Dream a little dream of me」が流れながら映る最後のシーンは胸がジーンと来ます。今でもこの曲を聞くたびにこのシーンが目の前に映り出されます。

4. Love, Simon (Love, サイモン 17歳の告白)

youtu.be

2018年制作。アメリカからの作品。
日本では上映されずBlue Rayにて発売されているそうです。
あらすじ
場面はジョージア州アトランタ。高校生のサイモンは自分がゲイである事を隠しながらも暖かい家族、親友たちに囲まれて不憫ない生活を送っていた。ある日、ブルーと偽名を使った誰かが同じようにゲイで同じ学校に通っている事を知る。ブルーとメールを交換しがなら距離を縮めていくサイモン。このメールの内容が学校内に流失しサイモンがゲイだと言う事実を見破る同級生マーティン。マーティンはその秘密厳守と引き換えにサイモンの親友アビーと引き合わせる事を迫まる。ブルーが誰かを知りたいサイモン。脅しに逆らい自分がゲイだとバレたらブルーも自分がゲイである事をバラされると怯えるサイモン。この狭間で葛藤するサイモン。さぁーどうするサイモン。ブルーは一体誰?
アテシの感想
最近のゲイ映画では一番気に入った映画です。
ゲイであることが主ではない映画です。
逆に、ゲイである事は言い訳にならない。
それよりももっと大切な事を忘れちゃ駄目だよ。
そーっと悟らされた。そんは感じの映画です。



3. Like It Is (ブラックプール・ラブストーリー)

youtu.be

1998年制作。イギリスからの作品。
1998年第7回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭にて上映。
あらすじ
ロンドンで若いがミュージックプロモーターとして活躍するマットと、無職だがベアーナックルズファイター*1としてブラックプールでギリギリの生活をするクレッグ。全く住む世界の違うこの二人のラブストーリー。
アテシの感想
何故この映画が「Love, Simon」より上位なのかって疑う人が多いと思います。
その最大の理由は、クレッグのキャラクターが今までのゲイキャラクターと全く違うところ。
誰が「ゲイ」って見てわかる?
そんな愚問の答えとでも言うか、何故ゲイの象徴としてレインボーが使われるようになったかその原点をもう一度思い出させるそんな映画だからです。ストーリーにちょっと無理があるなとも思いますがw。

2. Torch Song Trilogy (トーチソング・トリロジー)

youtu.be

1988年制作。アメリカからの作品。
1981年にブロードウェイにて上演。トニー賞にて虚曲賞と男優賞を受賞。
あらすじ
1971年。舞台はニューヨークとブルックリン。ニューヨークのバーでドラッククイーンとしてショーを演出し演じているアーノルド。バイセクシャルのエッドに恋をしているが彼は女性を選び彼の元を去ってしまう。
1973年。そんな彼を純粋な素朴な青年アランが惚れ落とし幸せな生活が再度アーノルドに訪れたはずだった。ある日アランは巷のチンピラに殺されてします。ホモフォビア
1980年。アランと一緒に里親になるはずだった養子デイビッドとの生活。そこに結婚したが離婚したエッドが転がり込み3人での生活を強いられるアーノルド。そこに現れるアーノルドの母親。
アーノルドとエッドの関係を理解出来ない母親をどう説得させる?親子の縁を切る?この苦境を乗り越える?結末は見てのお楽しみっ。
アテシの感想
アテシが一番最初に見たゲイ映画。
やっぱり当時の印象が今でも忘れられません。
特に母親との喧嘩のシーン。
アーノルドが母親にこう言います。

LoveとRespect。
自分が人から望むものはこの2つだけ。
その二つを共有出来ない人は自分の人生には要らない。

当時親の脛をかじっていたアテシは、いつになったらこう堂々と対等に親と話が出来るんだろうなんて思た記憶があります。
あっ、それと若い時のMatthew Broderick(マシュー・ブローデリック)が若いアレン役で出演していますよぉー。



1. It's My Party (ラストパーティー)

youtu.be

1996年制作。アメリカからの作品。
あらすじ
ゲイで建築家のニックは進行性の多巣性白質脳症(PML)と診断される。それは数ヶ月間で精神的な失調状態に陥り自分自身をも忘れていく病気。そんな姿で死にたくないとニックは2日間のラストパーティーを主催する。そのパーティーの最後はSeconalを使た自殺。
「これは葬式じゃない。パーティーだ。」
ラストパーティーで最後の挨拶をするニック、そして彼の旅立ちを見守る家族と友人を描いた映画です。
アテシの感想
まず最初にこの話は実話です。そして撮影も映画のシーンの順番でほとんどが撮影されたそうです。
以前にも書いたことがありますが、アテシが最初に見た時は嗚咽でしたね。
アメリアが泣く場面。今書きながら思い出して涙しているくらいのインパクトです。
もちろん個人的な思い出もこの映画がアテシを特別に感情的にさせているはずですがどの友達に見せても悲しいけど良かった。実話だとわかって見ているからみんな感情移入しまくりだったそうです。
もし日本語版は中々見つからないですね。。。残念。


如何でしたか?古い映画が多過ぎて年がバレバレだって話もありますが。。。
良い映画なのに上手く表現出来ずに興味を失わせたんじゃないか逆に心配ですw
英語の勉強にがてらみるのもどうでしょうか。

長くなりましたが最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



*1:素手の殴り合いを試合として勝敗に賭ける博打