Auntie Kの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんの備忘録です。

【アップデート】家なき子にならずにすむ?

ボンジュール☆

今回のハウスハントは決して心臓に良くないドラマ満載で早くエンドに辿り着きたい願い一心です。
www.auntie-k.com

金曜日にホームインスプクションの結果がレポートで届くはずでしたが、これが土曜日午後にまで延期になり家が売れるのか売れないのか分からないリンボー状態で迎えた週末でした。

運動が終わって普通は近所のレストランで外食しながらワインを楽しんで帰宅するのが金曜日の夜のルーチーンでしたが、ホームインスペクターの態度で感情的に相当疲れ切ってしまった夫くん。その疲労度ハンパなく車の中でいつになく弱音を吐いたくらいです。

今日は家で出前頼んでイイ?
パジャマ着てテレビの前でボーッとしたい




土曜日の朝。
いつもより早く起きた夫くん。
あまり寝られなかった様子でした。

不動産屋のデビーからのテキストを見逃さないように携帯の音量を何回もチェックして、時計を何回もチェックしていた夫くんでした。

昼下がりになりジッと家にいるだけも良くないからブランチに行こうを誘って出掛けた先でテキストが入りました。

レポートを読んで話をしたけど、購買額をもう少し下げて欲しい。

ココから値段の再交渉が始まりました。
価格が行ったり来たりしましたが何とか合意に辿り着き契約書にサインをする運びになりました。

もう食事も食べたのか飲み込んだのか。。。



ちょうど食べ終わってお金を払おうとしていたところで30分後にはサインを終わってウチに向かうとのテキストが届いたので急いで帰宅しました。

最後のハードルが残っているからです。

そのハードルとは。。。
頭金は今の家を売りローンの残額を支払った残りを使う事にしていたのと、今実際に住んでいる家を売るので次のタイミングが合わないと金額に折り合いがついても無効になってしまう可能性を秘めていたからです。

⑴ 売る契約日と買う契約日の間に数日入れて銀行での処理が少し遅れても問題が発生しない様にしないといけない
⑵ 先に受け取って後で引き渡す様にしないと引越しがスムーズに出来ない

合意したのは売買契約金額で、実際に売買契約にサインをする日と、家を引き渡す日と時間の合意は出来ていません。
この日付は最終合意したオファーに書かれて有りました。

8月1日 契約書サイン
8月3日 引き渡し
これ以外は交渉しない。

仕方なくこれで合意しました。

これに合わせて新しい家のオファーを再度提出。月曜日に回答が来ることになっています。
ホッとしたのも束の間。
ここで、また問題が発生。
買う家のホームインスペクションの日程が合わないじゃないですか‼️
ウチらの来週の木曜日からフロリダにバケーションなんです。。。



契約を合意してから10日以内にインスプクションをしないといけないのですが、月曜日に合意したら帰国するのがちょうど10日目。。。

月曜日から水曜日まで夫くんもすでにお客さんの予約がビッチリで動かせない。

夫くん大泣き状態。

何でこんなにもオブスタクルがあるの〜

インスペクターも皆忙しくて空いている人がいない状態で、デビーが電話を掛けまくって見つけて来たのが月曜日16時からのインスペクション。

えっ⁉️

オファー合意されたらイイけど、されなかったら。。。キャンセルしないといけないんですよね。。。

そんな訳で家なき子になるかならずに済むかまだ結果が見えてないリンボー状態に戻っています。

早く解決したい!
じゃないと8月1日には引渡しが決まっています。

尻に火が付いた状態とはこの事ですね。