Auntie Kの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんの備忘録です。

ハウスハントの続きです。

ボンジュール☆

バケーションも終わり普段の生活に嫌々戻りました。

ウチらがいない間も不動産屋のデビーと銀行ローン担当のステファニーはウチらの為にお仕事をしてくれていました。
無事にローンは準備出来て、残すは今日のホームインスペクションのみ。

前回この家を見学に行った際に気になったのがサムポンプ。
この地域は地下水位が地面に近いのと、雨や雪解けから出る大量の水から家を守る為に殆どの家がフレンチドレイン*1とサムポンプが地下に設置されています。
こんな感じの排水システムです。
f:id:macboimtl:20190522231900j:plain


疑問に思ったのが、サムポンプが自動じゃなかった事でした。
水が溜まる場所はあるんですが、そこには自動ポンプじゃなく手動ポンプがぶら下がっていたんです。
尋ねたら、仲介者はこう回答しました。

あまり必要じゃ無いので自動設備が不要だ。
本当に必要のな時だけこうやって窓を開けて手動ポンプで水を外に出している。

これアテシは信じません。
今回のバケーションみたいに1週間家を空ける事も有ります。
そんなのはウチらだけじゃなく今の住居人も同じだと思います。
長期で家を空けている間に溜まった水を出す必要があるかないかどうやって分かるんです?
わかったとしても手動じゃそこにいないと意味ないし。
これは自動に変えないと地下は絶対に浸水します。

ポンプの設置と排水をセプテック(浄化槽)に繋げるか、一般排水溝に繋がないといけません。
これがどれくらいの費用になるのか今日のインスペクションの時に配管専門の業者にも同行してもらいます。

色々と改装工事にもお金を使いたいんですがこの費用だけで一気にお金が無くなりそうで密かに心配しています。

前回みたいな問題がない事。そして、自動ポンプの設置が大きな費用でないことを祈っています。



*1:排水システムの一種。