Auntie Kの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんのひとり言です。

アテシ改名しました。〜パスポート編〜


 



f:id:macboimtl:20190814052512j:plain
ボンジュール☆

随分と色々と手こずっておりますこの改名劇ですが何とかパスポートの申請が完了しました。

前回の現状報告では「Citizenship Certificate*1」を新しい名前で再発行して貰う申請をしたところまででした。

ちょっと長いですがお付き合い下さい。

待ってられない。

申請からどれくらいで受理出来るのかウェブサイトで再確認したんです。
f:id:macboimtl:20190814060506p:plain

まだ5ヶ月!!

しかもアテシの申請書は届いてはいるけど受理されていないし。。。

アテシ来週アメリカに行くんですけどパスポートの申請が。。。汗

一か八か

先週の金曜日に新しい名前になったメディカルカード*2が届きました!

免許証は既に変わっているのでこれでパスポートの申請が出来る!

一か八かで月曜日に早速準備してパスポート・オフィス行って来ました。

パスポートの再発行ですが、更新の場合は保証人や身分証明が省略された簡易申請書を利用出来るんですが名前変更の場合は、「更新」ではなく「再発行」なので手元に有効なパスポートを持っていても、簡易申請が利用不可で面倒くさい本申請をしないといけないそうです。

書類自体が面倒だけど背に腹は変えられない状況です。

必要書類の一つが「Citizenship Certificate」ですが申請中なので申請したよって証拠を準備。

証明する書類としてアテシは申請料金の領収書を持参しました。これが間違いの一つ。

そのほかに保証人*3のサインも必要。ここにも落とし穴が。。。

それと旅行が迫っているので超スピードでパスポートを出して貰うためにフライトのチケットも準備。これで撃沈されるとは。。。

申請書に書き間違いや漏れがないか確認していざ出発!




最初の間違い

最初は、リセプショニストに書類を見せて漏れがないか確認します。

そこで早速問題発覚。

保証人のサインは申請書だけじゃなくて写真の裏にも必要だったんです!

そんなん。。。

多分同じ間違いをする人が多いんですよね。

ちゃんと説明書には書るってその部分を見せられました、爆

背に腹は変えれない状況です。

アテシの保証人は仕事場の人だったので電話して速攻現場に来てもらいました。

だって、受付のお嬢が「出来れば保証人は来て身分確認をしたい」って言うんですよ!

20分くらい後かな来てくれました。サンキュー

これで終わりかと思ったら。。。

2番目の間違い

長蛇の列の最後尾から待つ事数10分。

再度、リセプショニストに歩いていったアテシと同僚。

同僚の身分証明は終わったので彼は退場してよろしいとのこと。

仕事に戻って貰いました。後から埋め合わせしないとですね。

再度書類を確認し始めたリセプショニスト。

移民局に申請書を送ったって証明ですが、申請書の支払い領収書ではなく、送り状とイミグレの事務局が受理した証明書が必要だったんです。。。

「Receipt」って書いてあったのでてっきり支払いの領収書と早とちりしたアテシの間違いです。

アテシはフェデックスで送ったのでネットで調べて直ぐに出て来たのですが。。。

「スキャンするから紙面に印刷して持って来て」

あぁ〜。

慌てて、近所のBureau En Gros*4を探して打ち出しに行きました。。。

この時点で待ち時間を含めて2時間近くを費やしているアテシ。

これだけで終わってくれ。。。

そう祈りながらパスポート・オフィスに戻ったアテシ。




3番目の間違い

どんだけ日頃の行いが悪いのでしょうか。。。

3度目のチャームはアテシには訪れませんでした。

再度長蛇の列の最後尾に立ちます。

幸いリセプショニストが3人に増えていたので待ち時間は5分程度でした。

流石にリセプショニストは難なくパスしました。

これでやっと申請書を受理して処理を始めるカウンターに行くことが出来ます。

そんなに待たずにアテシの番が来ました。

カウンターで書類を渡して、担当の方が準備を始めました。

やった!問題なく進む!

なんて思ったのも束の間。

作業をしていた担当者の手が急に止まったんです。

そして二言。

「Oh No. This will be rejected」

購入した航空チケットが古い名前だったので受け付けられないって言われたんです!

改名許可を受理する前に購入したチケットなのでもちろん前の名前ですよ。

それが問題になるなんて。。。

このままじゃ申請書は受理出来ない。
航空会社に電話して新しい名前でチケットを再発行して貰ってからまた来てください。

泣く泣く退散です。

航空会社と談判して仕切り直しです。



ユナイテッド航空 と エアカナダ

事務所に戻って速攻航空会社に電話しました。

状況を説明したのですが。。。

  1. 名前の変更は出来ない。
  2. ユナイテッド航空だけなら出来たかも知れないがエアカナダもチケットに関連しているので無理。
  3. 格安チケットを購入したのでチケットをキャンセルしても返金は無し。
  4. 返金無しでキャンセルしたら1400ドルで新しいチケットを新しい名前で買い直し可能。

もうねマニュアルって素敵な面沢山あるけどこう言う時イラっ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾なりますよねw。

背に腹は変えれません。

今あるチケットはキャンセル。返金無しで新しいチケットを1400で買う事にして処理を進めて貰いました。

そしたら。。。

「あら?エアカナダに連絡するのでちょっと待って下さい。」

そう言われて待つ事数十分。。。

「エアカナダは既に新しい名前に変わっているのでこちらも訂正します。」

エアロプランの会員なんですが名前変更の手続きを既にしていたので、チケットも新しい名前に既に変わっていた様子です。

っていう事は、もし古い名前のパスポートで旅行を強行していたら問題になっていたわけ?

恐ろし事実です。

兎に角、ユナイテッド航空でもチケットの名前を変更してくれて無事新しい旅行スケジュールを新しい名前で発行してくれました。

長い月曜日でした。もう仕事なんてほとんど手付かずですよ。。。ちゃんと遅くまで残業しました。




申請出来ました。

翌日の火曜日。

朝イチでパスポート・オフィスに出向きました。

警備のおじさんもアテシを見て笑いながら指をクロスして幸運を祈ってくれましたw。

人数も少なかったのでちょっと待っただけでカウンターに行けました。

書類を見るなり「あー、あなたが名前変更して再発行を申請している人ね」ですって。

どんだけ噂話をされていたのでしょうか。。。恥ずかしい。

さて、最後の関門です。

「Citizenship Certificate」が実際に無いので発行されるパスポートが2年になる可能性があるそうなんです。

これ面倒。

通常は5年か10年なんですが、2年のパスポートは「更新不可能」なんです。

つまりは、保証人を立ててまた全部1からやり直し。

。。。

カウンターの彼女は判断出来無いので結果が出たら電話で連絡してくれるとのこと。

何れにせよ、パスポートは発行されるので心配ないと言ってくれました。

来週月曜日に取りに行きます。

さて、2年、10年、どのパスポートが貰えるのでしょうか。

来週月曜日までお預けですかね。


長々と最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



 


*1:カナダの国籍を取った証明証

*2:保険証のようなもの

*3:家族以外なら2年以上知っている間柄なら保証人になれます。

*4:オフィス用品を売っているお店。印刷コーナーもあってちょっとした冊子の作成やパソコンからの打ち出しも出来るコーナーが店内にある。