Auntie Kの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんのひとり言です。

バケーションのバケーションが必要です。



f:id:macboimtl:20190827231915j:plain
ボンジュール☆

無事なんとか帰宅しました。

今回は行きも帰りもフライトの遅延に悩まされた旅行になりました。
行きも随分と遅れました。

帰りは15時発の飛行機だったので当日の朝はゆっくりと友人たちとコーヒーを飲みながら話をしていました。

そんなマッタリとしていた雰囲気はイヤーなメッセージで一気に崩れてしまいました。

15時発のフライトが遅れシカゴでの乗り継ぎに間に合わない為12時発のフライトに変更しました。

この時すでに10時を回ろうとしていました。
12時発なら最低でも11時までには空港に行かないといけません*1
その前にレンタカーにガソリンを入れて返却もしないといけません。

間に合わないじゃないですか!

慌てていたらまたメッセージが届きました。

12時発のフライトが遅れて13時発になります。

これなら何とかギリギリ間に合うけど焦らないといけないのには変わりありません。

ドタバタと準備をして別れの挨拶をし空港に向かいました。



無事ゲートに到着。

たまげたのが飛行機自体がまだ到着していないんですよ。

同時にメッセージが届きました。

13時発の予定が14時発になります。

。。。イラ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

出発したのは15時ちょっと前でした。


無事シカゴに着いたウチら。
ここでもカナダに戻る飛行機が遅延


諦めてゆっくりと食事をしました。
ワインもボトル1本空けました。
デザートまで頂きました。


こう言う時って夫くんの明るく社交的な性格には驚かされます。

あっと言う間に近所に座っていた人たちと仲良くなってウチらカップルだけだったのが4−5人のグループになっていました。
みんな同じ境遇だったので意気投合ですかね。
飲んで笑って長いはずだった待ち時間も出発の時間になるとみんな別れ惜しい感じなったくらい。

これには脱帽です。

随分と飲んだので飛行機の中では2人ともダウン。
しっかり眠ってしまいました。

自宅に到着したのは深夜1時を回っていました。

洗濯物を回して、荷物を整理して、夜中2時過ぎにやっと眠りに。
夫くんの友達宅を出発してから15時間以上過ぎていたのであっという間に眠りの国に。

明日からジムも再開です。

アテシこのバケーションのバケーションが必要です。



*1:アメリカ国内線でとても小さな空港なので1時間前まで搭乗できます。