Auntie Kの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんのひとり言です。

劇の台本読みがオンラインで無料ストリーム❗️

f:id:macboimtl:20201026055937p:plain
ボンジュール☆

2003年にモントリオールのイタリア人コミュニティーを舞台に制作されたゲイ映画「Mambo Italiano」の作家が新しい作品を公開しました。

ティーブ・ガルッチオ (Steve Galluccio)作家はこの作品が「今までの作品で一番自分のプライベートな内容」だと言っています。

マンボー・イタリアーノも彼の生い立ちを元に描いた作品だそうです。

今回の作品は50代後半の3人が集まり人生、恋愛、そして失ったものについて語り合うものだそうです。

その中の登場人物マイケルが痴呆症になった夫を介護している話は、長期介護施設でつい6週間前に亡くなったガルッチオ作家の実夫を念頭に描いたキャラクターだそうです。

今年春の都市ロックダウン後、介護施設への訪問は全面禁止されていました。

彼も同様で旦那さんとは面会することも出来なかったそうです。

毎日彼の病室で執筆していたそうですが、面会出来ない間も描き続けたそうです。

そして旦那さんが介護施設で新型コロナウィルスに感染。

完治したそうですが闘病で弱体化した旦那さんは数ヶ月後戻らぬ人となったそうです。

新型コロナウィルスの感染防止のため劇場は閉鎖中。

この新しい作品「At the Beginning of Time」は台本読みが無料でオンラインでストリームされました。

動画でアップロードされていたので下記に紹介します。

イタリア人系独特の英語ですが面白いですよ。

本当に劇場で見てみたいですね。

今度暇な時日本語訳してみようかなぁ。。。



www.cbc.ca


centaurtheatre.com