Auntie Kの日記

カナダで同性婚をしたアラフィフのおじさんのひとり言です。

民主党は何故人気が無い?

f:id:macboimtl:20201106020644p:plain

ボンジュール☆

一体どうして民主党は人気がないのでしょうか。。。

アメリカ大統領選挙

それと同時に行われている議員選挙。

当初は民主党が優勢と報道されていたこの選挙。

蓋を開けてみれば接戦も接戦。

上院議員選挙に至っては民主党過半数未達で終わりそうな結果。。。

下院議員選挙はギリギリ過半数を維持。

大統領を民主党候補が取ったとしても上院が共和党、下院は民主党

これじゃ一体どんな法案が可決されることが出来るのか疑問。

アメリカの民主党は国民保険や社会福祉・保障、環境問題などを掲げています。

アメリカの共和党は、基本的に小さな政府、個人の自由を大きく掲げています。


国民保険について。。。

共和党 民主党
国民の誰もが利用出来る健康保険が在るべきだ。 今の保険制度で問題がない。保険業会の崩壊や事業者への負担増が犠牲者になる。

環境問題について。。。

共和党 民主党
クリーンエネルギーへの投資を急増させるべきだ。 石油業界を潰そうとしている。

トランプ大統領が色々とノイズを立てていますがそれは無視するとしても個人がどの立場にいるかで大きく考え方が異なる点だと思います。

難しいですよね。。。

両方の中間ってないもんですかね。

石炭から石油に。。。

石油車から電気自動車に。。。

郵便から電子メールに。。。

今までも多くの産業が発達し変化して来たし、これからもどんどんと進化していくもの。

そう思うと今回のアメリカの選挙結果を見ていて、アメリカ人がどれだけ変化を拒んでいるかを表しているそんな感じがします。

ベイビーブーマー(60代の人たち)やらXジェネレーション(50代の人たち)が国民の大半を占めている限りは変わらないのかなぁ。

と言うことは後10年はアメリカの政治も変わらないのかなぁ。

その頃に国民保健をだとか環境問題をだとか言っていられる余裕が本当にあるのかなぁ。。。



けび子のたわ言 - にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村